読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げすすの(主に)東方神起ブログ

こじらせ女子ゲス子が、東方神起ファンの視点から見た世間のいろいろについて書くブログ。

k-pop2013年よく聴いた曲ベスト3と専門家の選曲まとめ

k-pop

「邦楽、洋楽、アイドル、何でも聴くよ」という人に「音楽何聴くの?」と聞かれて「k-pop」と答えると時間が止まる現象。実際に何回かあったのですが「なぁにが『何でも聴く』だ!!ブッ殺すぞ!!」と思いますよね。
正直、はてなーにも似たような態度を感じています。k-popはミーハーが聴くもんだと思ってるんじゃないのー?俺ミーハーじゃないアピールなんじゃないのー?「興味が無い」なんて人も無意識にセルフブランディングしようとしてるんじゃないのー?と邪推しちゃう。



ということで、音楽全く詳しくないですが、紅白にもk-popアーティスト出なかったし好きな人以外は触れる機会が皆無なのが現状だと思うので、2013年東方神起以外でよく聴いたk-popをご紹介します(東方神起は愛が強すぎるのでまた改めて書きたい)。

Everybody/SHINee

Perfume好きなら、これもハマりそうと思う1曲。各メンバーの連動するダンスが超かっこいい。メンバー一人ひとりの動きを追うために何回も繰り返して見たMV。k-popのメンズグループはマッチョばっかりと思ってる人にぜひ見て欲しいです。

SHINee 샤이니_Everybody_Music Video - YouTube

DancingQueen/Crayon Pop

今年は「パパパ」という曲が韓国内で爆発的に売れたクレヨンポップ(略してクレポ)ですが、私はこの曲の方が、家で一人で歌って踊るくらい好きです。歌詞もモテない女子が一人星空の下で踊るという悲しい内容。クレポは韓国のももクロと呼ばれて(パクリ騒動もありましたね)、ヘルメットかぶったり、ジャージで踊ったりしてますが、ももクロちゃんたちとはちょっと違って憂いがあり、悩ましげに腰をくねらせるちょっとセクシーな振付があったりしてギャップにやられます。

Crayon Pop-Dancing Queen 2.0 MV(크레용팝 댄싱 ...

Just another girl/ジェジュン

元東方神起のメンバー、ジェジュンがロック歌ってます。とにかく曲が好きなんですが、このメロディの良さを言語化する能力が私にはない。この曲が収められてるアルバムにはTAKUROが作曲した曲も入っていたり(私はそっちはあんまり…でしたが)韓国の若者は日本のロックが好きな人が多いです。このMVのジェジュンも日本のロックの影響を感じます。

김재중 (Kim Jaejoong) Just Another Girl M/V - YouTube

ロックについては、韓国のあるアイドルバンドのメンバーが、韓国で出すアルバムに日本の制作陣の曲をもっと入れたいと言って困ってるという話を関係者から聞いたことがあります。音楽評論家の田家秀樹氏は2012年の東方神起のライブでチャンミンがX JAPANの「Rusty nail」をカバーしていたことに触れて、ブログでこう書いています。

TOSHIとは違うテイストのハイトーンのシャウトが新鮮でした。そうだったのか、という感じもありました。彼らをK-POPという括りにすべきじゃないなと思った一つの要因でもあったんですね。

 いわゆる打ち込みのダンスミュージックとは明らかに一線を画している。ロックじゃん、という感じでした。終わって挨拶の出来る場面があったんで本人に訊いてみたら韓国で見た、と言ってました。そうなんですよねえ。KだJだと言ってるのはメディアと言うか業界だけで、ミュージシャン同士はもっと濃密に影響しあっている。
ソース:東方神起とXーJAPAN。 : 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩

アイドルからk-popに入ると、アイドルへのただならぬ愛に影響されて盲目的にk-popを信仰しちゃってj-popはクソ!みたいな極端な思想になりがちというか私がそうなってたのですが、本人らはj-popが好きだったりするんですよね。
個人的にX JAPANについてはちゃんと評価されていた時代を知らなかったこともあり、たけしの元気が出るテレビでのふるまいやTOSHIの洗脳騒動のイメージでイロモノだという認識だったのですが、チャンミンはa-nationで一緒に出ていたX JAPANのステージを尋常じゃなく真剣な目つきで見ていて(ファンクラブ限定DVDに映ってた)、カバーまでしています。
チャンミンが純粋な気持ちでX JAPANの曲を歌ってくれたことによって、曲の良さからX JAPANのことを再考する機会を得ました。韓国と日本のミュージシャン同士が濃密に影響し合っているのなら、オーディエンスももっとフラットにならなきゃなと思います。

ちなみに今回のベスト3は東方神起以外は聴きこんでいない私による浅いベスト3ですが、k-popも含め、幅広いジャンルをしっかり聴かれている音楽好きの方による、k-popが入っていた2013年のまとめ記事をまとめます。
2013年極私的ベスト日本語ポップス - SkinTight

T-ARA / NUMBER NINE (Japanese ver.)
リフにおけるシンセのシンプルでプリミティブな感じがクラブっぽさを演出。

上記の専門用語はちっともわかりませんが、T-ARAはクラブで流れたら絶対楽しいと思ってk-popクラブのT-ARAナイトに乗り込んだら本当に楽しかったです。2013年のいい思い出。

T-ARA - 8th Single 「NUMBER NINE ( Japanese ver ...

【アイドルレコメンド】はみだしレコメンド2013(おまけ編) - 小娘のつれづれ
女子アイドルへの愛と考察が深い小娘さんid:drifter_2181も少女時代を取り上げていらっしゃいました。

GIRLS`GENERATION 少女時代_GALAXY ...

ecstasy1018のブログ 2013年新譜ベスト
こちらはランキング形式。k-popの最上位は5位(4位はあまちゃんオリジナル・サウンドトラック)ソロシンガーIUのアルバム。

[MV] IU(아이유) _ The red shoes(분홍신) - YouTube

BEST ALBUMS 2013 : BEST ALBUMS 2014
こちらもランキング形式。k-popの最上位は2位でBIGBANGのメンバーT.O.Pのソロアルバム。

T.O.P - DOOM DADA M/V - YouTube

TBSラジオの「菊地成孔の粋な夜電波」で不定期に放送される韓流最高会議シリーズも面白いです。
TBS RADIO 954 kHz │ 菊地成孔の粋な夜電波 - 第123回(2013年9月22日)第6次韓流最高会議のセットリストです。

いうことで、k-popは聴いていないという音楽好きの皆さん、偏見持たないでk-popもたくさん聴いてくださいね。私も今年はj-popをもっと聴こうと思います。