げすすの(主に)東方神起ブログ

こじらせ女子ゲス子が、東方神起ファンの視点から見た世間のいろいろについて書くブログ。

非モテだ童貞だと嘆くならオタサーの王子になればいいじゃない

 オタサーの姫(男子の絶対数が多いサークルなどに出没してモテちゃう女性)が話題ですね。


「オタサーの姫」ができる子はいい子だと思うよ? - 言いたくないけど、僕が青二才です

 

オタサーの姫って、男女逆にしても成り立つんじゃないかとふと思い、女性が圧倒的に多い男性k-popアイドルのファンの世界を男性にオススメしてみむとす。

以前にも書きましたが、性的な目で見られる側面が多いk-popアイドルは、 昨今の日韓関係の悪化も相まって日本人男性のコンプレックスを刺激する存在なんじゃないかと私は思ってます。

東方神起を好きになった当初付き合ってた元彼に内緒で東方神起のコンサートに行ったことがバレた時には、携帯を逆パカされ完全破壊されるという事件が起き、それ以来元彼はゴミみたいなネトウヨになってしまいました。

これは元彼だけの話ではなくて、3年前くらいにも、少女時代が上陸してブームになってた頃、婚活パーティーに参加したことがあるのですが、
k-popブームだった当時ですら、第一印象発表タイムでそこそこのご指名をいただいたにも関わらず、k-pop好きだと言った途端男性の顔色が変わり、
ご指名の数は0になりました(これは婚活パーティーでグラビアアイドルが好きですと男性が宣言するようなもんなんで自業自得ですね)。

性的な匂いのするアイドルがコンプレックスを刺激してくるのは男女関係なく、私だって同じで、彼氏がドルヲタだとしたら、水着グラビアやってるAKBよりは、性的な匂いのしないももクロちゃんを好きになってほしいとは思っておりますよ。
今は日韓関係のせいで、k-pop男子アイドルに対する気持ちが色々複雑にこじれているとは思いますが。

そんな中、性別を明かしてk-pop男子アイドルのファンということを宣言するということは、女性の趣味に理解がある、中韓に変な感情を持っていないというアピールになります。k-popアイドルファンからして見ると、そんな男性滅っっっっっっっ多にいないんですよね。言うなれば王子です。
キングオブk-pop東方神起のファンで言えば、男らしさを前面に出してきたwhy以降、以前と比較すると男性ファンが増えてきたとはいえ、それでも男女比は9.5:0.5くらいではないでしょうか。
性別明かしてTwitterやるだけで、簡単にチヤホヤされます。
ということで、このたびはオタサーの姫ならぬオタサーの王子となる具体的方法について解説していきたいと思います。

Twitterを始めろ

日韓関係の悪化で、k-popアイドルがほとんどテレビに出なくなった今、Twitterk-popファンの生命線です。IT先進国の韓国から、出入国の時の空港写真をはじめとしたアイドルのナマの情報がたくさん流れてきます。
WEB文化に閉鎖的なジャニーズとは雲泥の差よ(ジャニーズはジャニーズで、イメージが守られている側面もあるからうらやましいところもあります)。
なので、Twitterにはk-popクラスタが多く生息しているのです。Twitterを始めて、k-popアイドルファンと相互フォローしましょう。

Twitterプロフィールに「ナムジャペン」と書け

オタサーの王子などを狙わず、純粋にk-pop男子アイドルが好きなだけなら、わざわざ性別を明かす必要はありません。が、ここは希少性をアピールしてちやほやされることが目的なので、プロフィールに「ナムジャペン」と記載して性別を明かしましょう。
k-pop用語「ナムジャ=男性」「ペン=ファン」を使いこなすと、にわかファン感が消えて◎。

③コンサートに行け(できれば1人で)

Twitter上で性別を明かした上で頻繁に「東方神起かっこいい」などと呟いておけば、それだけでもフォロワーは増えますが、本格的にチヤホヤされたいなら、コンサートに行くといいでしょう。
アイドルたち本人も、男性ファンが少ないことを自覚しており、男性ファンには熱心に視線を送ってくれたり、サインボールを投げてくれたりとファンサービスがいいです。
コンサートで、男性の隣になるということは即ち自分の近くにアイドルの視線やサインボールが投げられる可能性が高いということ。
隣になった女性からすると、ラッキーだと思われています。
1人でコンサート前後に手持ち無沙汰な様子を見せれば話しかけられる可能性大です。
うっかりサインボールでもゲットしようものなら、コンサート後に、「写真撮らせてください(サインボールの)」というお願いが殺到することでしょう。

※注意※

k-pop男子アイドルとはいえ、男性に人気があるグループもあります。 その筆頭はBIGBANGです。フライデーナイトに渋谷のドトールでボケーっとしてた時、クラブで遊んでそうな感じのオシャレリア充が「BIGBANG最高!G-DRAGON最強!」とか男同士で話してたのが聞こえてきたことがあります。 あとプロボクサー井岡一翔選手

BIG SHOW 2011|井岡一翔オフィシャルブログ「Bridge of Glory ~一翔Story~」Powered by Ameba
や、ネオホスト櫻遊志

今日の、コーデ84|ゆーしのファッションブログ
、その他原宿系オシャレ男子など、非モテが到底敵わない階層の男性がファンに多いので、BIGBANGに狙いを定めるのはやめましょう。

これで、一部の例外グループはいるものの、マジでk-pop男子アイドルのファンになれれば、圧倒的に女子の絶対数が多い中でモテるオタサー王子の出来上がりです。

まぁ私はわざわざプロフィール欄に「ナムジャペン」とか書いてる人はあざといなーとか思っちゃうんですけどね。純粋にアイドルを応援するのに、性別関係ないだろ!

昔、コンサートのチケット代が2万円するプレミアム席で見かけた、全身をファンクラブグッズに身を包んだ、総額10万円くらい費やしててガチだなこの人、みたいなエスパー伊東似のオジサンには声をかけそうになりましたので、邪心なくk-popにハマってみるのもオススメですよ。ぜひ。