げすすの(主に)東方神起ブログ

こじらせ女子ゲス子が、東方神起ファンの視点から見た世間のいろいろについて書くブログ。

韓国の徴兵がつらい

私は東方神起によってメンタルヘルスを維持しています。東方神起に完全に依存しています。

嫌なことがあっても東方神起のことを考えたり、ggったり、ツイッターに行けば元気になれる。

k-popアイドルは、ネットに落ちてる情報が尋常じゃない。

ほとんどテレビに出られなかったのに、東方神起が2013年に82.7万人もライブに動員できるほど人気を維持できたのは、日本の芸能人では考えられないほどの情報がネットに流れているからに他ならないと思われます。事務所のエイベックスもそれを把握しているようで、web活用には積極的で、2014年はターゲティング広告と思われるアルバムの宣伝も頻繁に見かけました。ジャニーズ事務所所属のアイドルたちが雑誌の表紙に採用された時webで超不自然にシルエットだけくり抜いたりしてるのとは非常に対照的です。

東方神起に目覚めてからもうすぐ4年が経ちますが、この4年間、東方神起の情報を探さなかった日は1日もありませんでした。ツイッター、ブログ、韓国のファンサイト、いつどこに行っても必ず新しい情報がありました。

この情報量の多さは韓国のファンサイトの管理人が何故か完全に彼らのスケジュールを把握していたり、「サセンペン」と呼ばれる、日本だったら逮捕されるレベルのストーカーファンによるところが大きく、彼らの姿はオンオフ関係なくカメラに収められ、ネット上に流れてくるのです。

しかし、 ユノとジェジュン(ジュンスチャンミンも?)は恐らく2015年には兵役に行ってしまいそうです。デビュー10周年で韓国のアルバムも出たし、どうやら以前から決まっていたような土日をしっかり抑えてきてる2回目の5大ドームツアーと(2014年のツアーの方が後から決まったんでしょうね)、イベント目白押しになりそうな2015年の上半期ですが、それが終わったらいよいよ兵役に行ってしまうのでしょう。北朝鮮と韓国とが関係改善しない今、兵役で命の危険にも晒されてしまうかもしれない。

入隊して最もきついのが、最初の約1ヵ月の基礎訓練期間で、社会との関係は一切遮断され、食事時間や入浴も制限されます。

韓国人男性の軍隊-男性-韓国人-みんなが知りたい韓国文化

芸能人が危険な部隊に配属されることはほとんどないそうですが(厳しいと言われている軍に自ら志望した俳優もいたようですが)、どんなゆるゆるな配属先でも最初の1ヶ月は必ず基礎訓練を受けなければならないようです。

知り合いの韓国人男性に聞いたところ、この1ヶ月の基礎訓練で特に辛かったのが催涙弾のガスが充満した密室に数分間閉じ込められるという訓練だったそうです。 ↓動画を見ると、涙、鼻水、よだれダラダラ…


백마신병교육현장드라마 제8화 가스!가스!가스! - YouTube

東方神起もこれをやるのかと思うととてつもなく心が痛みます。ファンクラブ会員10万人でガスを小袋に分けて吸うから、彼らにはやらせないでーーーー!と言いたい。

兵役に行ってしまえば、今までのようなペースでは情報は落ちてこなくなるだろうし、その落差が怖いです。想像すると本当に辛い。広大な情報の海から、カラカラに乾いた砂漠へと放り出される私たち。一体どうなってしまうのでしょうか。